ここ最近は
ゲリラ豪雨や大型台風による
想定外の大雨が発生しており、

屋上屋根の排水量が許容範囲を超え
プール状態やオーバーフロー(あふれる)になっていることも
度々見受けられます。

大規模修繕等で屋上まで足場が掛けられている場合は
ドレインを増設して、排水量upも
今後考慮するべき問題と考えています。

 ※同じ場所で、口径を大きくすることでも対応可能

今回の施工事例は、
既存防水層が露出熱アスファルト断熱工法で
改修を塩ビシート防水機械的固定工法にて実施しました。

尚、ドレインのこともあり、メーカーは
ロンシール工業㈱を採用しております。

 ※塩ビ鋼板付きドレインを特注製作してくれるのはロンシールだけ

前の施工事例

マンション・アパート

塩ビシート防水とウレタン塗膜防水の併用

次の施工事例

公共施設

水泳プールシート防水(青葉区某中学校)

おすすめの施工事例