水泳プールプールサイド床長尺シート工事(都筑区某小学校)

小学校のプールサイド床を
塩ビ製防滑性長尺シートにて改修しました。

これまでの施工事例でもありますが、
通常は接着剤にて長尺シートを床面に貼り付けますが、
塩ビシート防水の機械的固定工法の様に
浮かし張りとなっております。

長尺シート端部や突付け部の下地に
塩ビ被服鋼板(塩ビ鋼板)をアンカー固定し
長尺シートと塩ビ鋼板を
溶融着固定します。

メリットやデメリットがもちろんあります。
<メリット>
 ・2mmの絶縁シートの為、クッション性に優れる
 ・基本的に浮いているので、クラック追従性に優れる
 ・端部や突付け部が溶融着固定されているので、
  シート伸縮による暴れが発生しない

<デメリット>
 ・施工単価が高い
 ・シワ無く施工するのに技術力・ノウハウが必要
 ・天候に品質が左右される
 ・機械が入らない場所の施工が困難(部分的に密着で回避可能)

ちなみに、今回も

ロンシール工業㈱製 レスタリアHS(色柄 RHS-301)

を使用しました。

Before

navigate_next

After

前の施工事例

公共施設

座間市立某保育園2階テラス床改修工事

次の施工事例

商業施設

金沢区 某老人ホーム新築工事

おすすめの施工事例