やっぱり塩ビシート防水です!!

 

<2020年10月7日 一部写真追加しました>


本日完了しました現場は

既存がアスファルトルーフィング防水で

ドレイン廻りの部屋から漏水しておりました。


大抵の漏水の原因は十中八九ドレイン廻りでして

自分としては新築時でも改修用ドレインを

使用したいところです。

 ※竪樋(塩ビパイプ)まで蛇腹ホースを落とし込む

上記の写真ですと、エルボ(90度切り替え)が2回あり

そこから竪樋になります。

弊社では、そこまで改修用ドレインの蛇腹ホースを差し込みます。




又、モルタル笠木下で防水層が終了している場合は、

端末のシーリングが5年程度で劣化してしまいますので

そこから防水層の裏側に雨水が侵入することもあります


そこで、弊社は笠木下の凹みを断熱材で埋めてしまって

笠木の上までシート防水でラッピングしてしまいます






そうすることによって

端末にシーリングを使用しないので

保証期間を過ぎても掃除程度のメンテナンスで

防水性能を維持可能です