建築資材 ほぼ全メーカー値上げ!!

 

COVID-19のデルタ株が猛威を振るい・・・

更に感染力が強い、ラムダ株も徐々に増え・・・・・・


そんな中、原油価格もWTIで70米ドル/バレルあたりまで上昇し

樹脂製品の主原料である「ナフサ」価格もそれ以上に高騰しており

梅雨時期位からほぼ全メーカーと言っても過言でないくらい


建築資材値上げの案内!!


が届いております。

しかも、10%~20%以上も値上げするとのこと。



2020年4月から今現在の現場市況として

防水業界はかなり冷え込んでおります。

その為業者によっては、社員(職人)を遊ばせるよりはまし!!!

との浅はかな考えで、通常では考えられない

激安の見積が飛び交っております。

 ※その場合、だいたい仕事が粗いです


人件費も高騰(人員確保が困難)、資材も高騰しているので

本来は、施主様や元請けさんに

工事単価引き上げの交渉を開始しなくてはいけない時期なのです。

とはいっても、値上げをすると

『ほかで安くやってくれる防水屋がいるから~』

と、受注獲得が困難な状況となってしまいます。

なので、最低でも現状維持が悪手ですが

ベターな方法となってしまいます。


そうすると後はどうするかと・・

下記の様な、我々番頭のレベルアップが必要となります。


 ① 現場(元請け)との年密な事前打ち合わせ

 ② 資材(材料)の適正な搬入

 ③ 適正な人員数の配置


『①』は、段取りを確実にし、人員が遊ばないようにする。

『②』は、無駄な資材を無くし材料費低減

『③』は、効率の良い人数で最小人件費にする


いままでも、もちろん実施しておりますが

更なる効率アップで生き残るしかなさそうです。


追伸

メーカーさん設計価格の改定と

各役所への積算単価(物価本の単価)を上げてください

(>_<)